【即実践】転職を考えたときにやるべき4つの分類

現在、働き方は無限の広がりを見せていますね。
ひと昔前までは転職というと企業から企業へ、営業が別の業種の営業になったり、職種が変わると会社側も転職者本人も大きな冒険を起こすような雰囲気がありました。

しかし現在はどうでしょう。企業から企業はもちろん、農業やIT、伝統工芸への弟子入り、日本人観光客が多い海外への就職など新しいフィールドへの「選択肢」の膨大なこと。
転職する側として目移りしてしまいますね。

ただ転職を考える時、「自分の転職が正しい選択か」をもう一度考えてみましょう。 本日は転職前にすべき「現状整理」について説明していきます。

ふさめのタロット鑑定を受けたい方↓
個人鑑定のお申し込みはこちら

転職する理由

「転職したいから転職するのは当たり前じゃないの?」
ごもっともです。私も何度も転職してきました。
ただ経験者から言うと、転職して正解だった転職と、間違いだった転職が確実にあります。

それはなぜか。

実は転職して解決すると思っていた問題が、転職では解決しなかったということがあるからです。 以下、ご自身に置き換えて読んでいってください。

まず転職をしようと人が考える時、その理由は4つしかありません。
① 仕事内容
② 給料・条件
③ 労働時間
④ 人間関係


一つずつ説明していきましょう。

①仕事内容

与えられた仕事を習得して、自分なりにやりがいを感じていると、人は次のステップに踏み出したいと思うようになるのは自然です。
それがその会社の中でステップアップができるならいいですが、別のフィールドにしかないのであればそこへ踏み出すべきです。
この人はすぐに転職すべきでしょう。

②給料・条件

長い間、会社に貢献し、会社の中でも中堅と言われるクラスになってきました。当初は満足な給料だったのが、家族も増え、必要なお金が増えてきます。その時、自分が必要な金額と会社が支給する金額を比べたとき、明らかに会社からの提示金額が少ないのであれば検討すべきですね。
これは休みの条件や福利厚生の条件も一緒。

可能であれば会社との交渉を一度してみて、難しいのであれば転職の準備が必要です。

③労働時間

今話題の「ブラック企業」、「働き方改革」に象徴されるように、国も乗り出す(というより一番国が乗り出しやすい部分とも取れますが)一番「ホット」な条件です。
ただ労働時間には「諸刃の刃」な問題があります。

残業代を出さないブラック企業でない限り、労働時間=金額だからです。

先日、テレビで働き方改革の影響について街頭インタビューをしていました。新橋のサラリーマンたちが口々に言っていたのは、「時間が短くなって夜の飲みニケーションができるようになった。それはよかったが…収入は減ったのに、出費は増えた」ということでした。

そもそも会社に属するということは自分の時間の切り売りをしていることです。給料が減っても自分には時間が大事だと考えるのであれば転職へGOですね。
そうでなければ、もう一度考える必要がありそうですね。

④人間問題

これが一番やっかいで、一番どうしようもなくて、一番大きいのではないでしょうか。
ただ多くの人が、人間関係で仕事を辞めることはないようです。
ここに一つにデータがあります。

リクルートが2017年度の1年間に転職活動を行った約8万人のデータを元に、退職するきっかけになった“転職理由”を、8の業種、10の職種、男女、年代ごとに調べたデータがあります。見ていただいてわかる通り、トップ10の中に「人間関係」はありませんでした。

当たり前といえば当たり前かもしれません。
妻子がいるのに、嫌な人間関係を理由に路頭に迷うことなんてできません。
あるいは本当にやりたかった仕事を人間関係ぐらいで諦めるなんてできません。

ただ逆を言えば、人間関係の問題があったら、自力・他力は問わず、自分でどうにかしなければいけないということです。そうしなければ待っているのは「ストレス性精神疾患」しかないのですから。

あなたが本当に欲しいのは

ちょっとここで人間関係の補足説明をしたいと思います。

実際、私の経験から言って、人間関係の問題は何度転職しても、どこに行ってもついて回ります。問題の人が「サイコパス」など精神異常者であれば離れるしかないので、すぐにでも距離を取るべきです(というかそういう人は会社に所属できませんし、会社側が解雇すべきでしょう)。

しかし多くはなにかしらの価値観の違いに過ぎず、会社側からすれば「当人同士の問題」としか認識されません。
つまり「自分でどうにかしなければいけない問題」なのです。

さらに衝撃の事実!

実は人間関係って悩んでいるあなた「だけ」の問題なんです。

「そんなわけない!だって〇〇さんはこうなんだから!」

と思う方も多いでしょう。
ただそんな状況は自分が作り出したもので、その状況は何かを守るために自分が描いた現実世界というのは、有名な心理学者アドラーです。

と小難しいことを言われてもなかなかぴんと来ないと思いますが、タロットをしていると面白いことがわかります。
最初転職をしたいという相談から占っていくのですが、実は自分が問題だと思っていたことは問題ではなく、自分の中に抱えている小さな頃からの満たされていない感情が原因だったということがよくあります。

タロット占いは実は何か目に見えない世界から啓示を受けるのではなく、「あなたが知らないあなたの言葉を導き出す」作業です。
本当は何を悩んでいるのか、心から求めているものは何か、自分自身から聞くことができるのです。

第三者からの意見を聞いて

今までいろいろと転職の分類分けについて説明してきました。
もしかしたら「何が何でもとにかく辞めたいの!」という方もいるかもしれません。

その時も本当に行動を移す前に、一度身近な人に相談して、自分が転職をすることを客観視してもらいましょう
新しい側面が見えてくるかもしれません。

以上、転職を考えたときの4つの分類をご紹介してきました。
もう一度お聞きします。
本当に転職を考えていますか?その場合、この4つの分類の内のどれに当たっていましたか?

「転職をしたい」と口に出すのは簡単です。しかしそれが何が原因かを見極めたら、本当は転職が必要ではない、あるいは転職では解決しないことかもしれません。
それをしっかりまずは見極めてみましょう。


そんなふさめのタロット鑑定を受けたい方↓
個人鑑定のお申し込みはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です