【実践】仕事辞めたいと思った時に考える3つの視点

昔、昔、まだ私が若い頃、仕事はお金を稼ぐ方法でしかなかった頃、仕事がとっても面白くありませんでした。自分の仕事を選ぶ基準が「お金」でしかないので面白いはずないですよね。
また仕事はすべてが順調に行くはずがありません。絶対です。必ずです。
なので基準がお金の私にとって、「つまずく→すぐに辞めたい」の公式が簡単に成り立っていました。
それでも「最低1年は・・・」という多少の羞恥心?根性?はあったので、それくらいは続けましたが、これでは仕事なんて続かないなぁと、何も考えていないながらも想像はついていました。

ふさめのタロット鑑定を受けたい方↓
個人鑑定のお申し込みはこちら

この状況を今になって考えると、辞めるということを真面目に悩むというのは、それだけ仕事に意義を見出していて、真面目に取り組んでいるということだと改めて思います。
私の若い頃を思い返してみると、結構簡単に仕事を辞めていました。
そして辞めるときに真剣に辞めることを考慮していないので、同じような感覚で仕事を変えていました。

仕事を辞めるまたは変えることは決して悪いことではありません。
新しい世界が開けるし、新しい知識を身につけることもできるからです。
しかし辞める理由をはっきりせず、いつも同じ理由で辞めていると、結局転々と変わり続けることになり、気が付いたらこんな年まで「自分の中に何も残らない」ということになりかねません。

今日は辞めたいと思ったときに「なぜ辞めるか」の仕分け方についてお話したいと思います。

辞めたいと思った3大事由

辞めたいと思う理由は十人十色、それぞれ理由があるから・・・というのはよく聞きます。しかし家の都合や会社の倒産などでない限り、自分発で辞めようと思うときはほぼ以下3つしかありません。
① 仕事内容
② 会社側の問題(条件・福利厚生)
③ 人間関係

つまり今、自分が辞めようと思ったのであれば、その理由が①~③のどれに当てはまるかでまず分類します。

もし①仕事内容が原因で辞めようと思ったのであれば、すぐに辞めるべき、あるいは準備出来次第辞めるべきですね。
仕事ですからベストを尽くします。そのベストを尽くしても変わらない、あるいは物足りないのであればステップアップの時期に来たということです。
迷わず新しい世界へレッツゴーです。

ただしこれは「本当に突き詰めた」場合の話です。
本当に本当に、その仕事を突き詰めたところまで来ていますか?
もし少しでも自分の決定を疑問に思うことがあったら、自分の働く姿をよく見ている同僚などに尋ねてみるのもいいですね。「本当に自分が行くところまで行ったか」を相談してみると、実は違う視点が見えてくることがあります。
それでも「行くところまで行った!、これ以上ここで学ぶものはない!」と思ったのであれば、辞めて次の仕事へステップアップしましょう。

次に②会社側の問題の場合。
たとえば一番大きいのはお給料、女性であれば産休・育休、はっきりした契約はないかもしれませんが暗に有休を取りにくかったり、無言の残業強要、パワハラやセクハラなどのことです。

これらは仕事自体ではなく、会社という環境による問題です。この問題は幅も広ければ、深刻度も幅があるので一概に簡単に処理できる訳ではないです。当人同士で解決できるものもあれば、一番酷いのは警察が加入しなければいけない問題もあります。
ただこれらが問題の場合、ある意味ルール通りに処理をして、こちらの態度を決めてよいことだと思います。
「問題発生→関係者・責任者に相談→対応してもらえれば勤務継続、対応してもらえなければ転職」ということです。
自分ができることはやったわけですから、それが変わらなければ見切りのタイミングです。新しい環境が待っています!羽ばたきましょう!

さて、問題は③人間関係です。

結論から言うと、これも一概には言えないのですが、ケース・バイ・ケースです。ただ①②と明らかに違うのが、「明確に数値化・文言化できず、各人の価値観でしかないので、自分の気分次第になってしまいがち」ということです。

もう少し詳しい話をしていきましょう。

辞める理由が前向きでないときは辞めるときではないかもしれない

人間関係って一番わかりやすい言葉で言うと、相手は「鏡」なわけです。
聞いたことありますよね?「人は自分の姿を写す鏡」と言う言葉。これは真意を突いているのですが、なぜか。

人は自分が持っている感情や感覚でないと、人にそれを見つけることができません。
つまり・・・あなたが問題だと思っている相手の欠点は、それはアナタの中にも確実にあるものだということです。

「もし私がそんな感情を持っていたとしても、私は絶対にそれを職場で出さないですよ!」

と言われそうですね(笑)
そう、確かにアナタはそんな感情、おくびにも出してないでしょう。
しかし人間、自分が我慢しているのに、それを自由に出している人がいたら、許せなくなるものです。
つまりもしそんな部分を自分がちょっとでも出してないというなら、自由に出しているその人への「嫉妬心」があるということです。

ではここで辞めたい理由という意味での人間関係に話を戻します。
人に抱く感情は上記の通りなのですが、なんだかそれを知ったら、こんなことで仕事を辞めるなんて馬鹿らしくなりませんか?
相手は自分の欲望を思うままに表現して、周りに迷惑をかけているある意味「子供」です。そんな世話の焼ける人に本気で腹を立てて、自分が仕事を辞めるなんて馬鹿らしいことだと思えたらこっちのものです。
そんな人は置いておいて、仕事しましょう(笑)

もしそれでもどーしてもやめたい、こんな人のそばにいたくないというなら仕事を辞める選択もあります。

ただし!!
「この理由で辞めるのは今回限り」と自分に約束してください。

人生って不思議なもので、その人に振りかった問題は、必ず解決するまで繰り返し振り掛かってきます。
今回、この問題はアナタにとって解決したのではなく、「先に送った」だけです。必ず似た問題がまた振り掛かってきます。
そのときは必ず解決のために行動を起こしてください。

はっきり仕分けが出来たときの気持ちの変化

さてここまでで、自分が辞めたいと思ったことに対する振り分けが完了しました。
アナタはどの理由で辞めたいと思っていましたか?

①?②?③?それとも複合タイプでしたか?

きっちり振り分けられて改めて、今の自分の気持ちを確かめてください。それでもやっぱり辞めたいですか?

実は前の記事「仕事したくない」のところでも同じ説明をしたのですが、実はしたくないも辞めたいも表面的に自分が問題だと思っていたことが「めくらまし」をしていただけということがあります。

今回、まずは振り分けをしたことで、すっきりした部分はあるはずです。それだけで辞めたいというネガティブな気持ちと、この気持ちをどうにかしたいという気持ちだけの問題から、一歩行動を起こして前に進むことができました。
そうすると次に何をすべきか、ちょっと見えたのではないでしょうか。

仕事って同じ職場の中で、
ものすごい熱意を持った人も
給料分だけ働くという受身な人も
お局さんも新人も、ごっちゃにいる環境です。

そんな環境の中、何も起こらずに仕事が出来るわけないんですよね。長い間働いているとこんな当たり前のことをすごく実感するわけです。
終身雇用制度は過去のものになった現代でも、やっぱり年数単位で同じ人と顔を突き合わせて仕事をしなければいけない訳で、そういったことに左右されない「自分の軸」を持ち合わせる必要性があるんだと身に染みて思うわけです。

もし自分の軸が何か、どういった心の持ち方をすればいいか、近しい人に相談できない時にはどうぞふさめにご相談ください。
アナタの心の中にある「答え」へ導いていきます。

お待ちしてますねー!

ふさめのタロット鑑定を受けたい方↓
個人鑑定のお申し込みはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です